ジェダイブログ
ジェダイのブログ。そのまんま。 遊びにきてくれた方々、ジェダイへ是非コメントを。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
ルアー制作? 下地の塗装
2006年 09月 15日 (金) 18:36 | 編集
え~、先日ゲットした木材を使用して、
早速ルアー自作してみようと取りかかったわけであります。

まず使用した木材はアユースの方。
柔らかめの木材なので、小刀なんかで簡単に形を出せます。
軽くて柔らかい木材なんで、
今回はシンプルにペンシルでいってみようかと。

で、そのアユースを削り出したのがコレ↓

至ってシンプルなペンシルですが、ヘッドはあえてあまり尖らせず、
少し丸みを帯びた形に削ってみました。
この状態は削ってヤスリをかけてツルツルにした状態。

で、これをまずはセルロースセメントにディッピング
そのままだと木材が水分を吸い込んでしまうし、
強度を増すことも考えてのコーティングです。
このセルロースへのディッピングを2回程行いました。
この時に素早くディッピングを行うのがポイントみたいです。
で、もういっこ注意しなきゃいけないのは、
乾燥の時間を充分に取ること。
どうしても早く作りたくって、ついつい触ってしまったり、
少しぐらい早くても良いかな??
なんて思って次の作業に取りかかってしまいがち・・・
でも、セルロースは固まればとても固いのですが、
充分に乾燥してない状態だと指紋なんてすぐに付いちゃうんで、我慢!
我慢をして丸一日ほど充分に乾燥させます。
で、乾燥させたらそれを耐水ペーパーで磨いて、ツルツルのピカピカにしちゃいます。

ツルツルにしたら、次はそれに塗装のための下地をコーティング。
この下地に使うのが、プラサフというもの。
プラサフっていうのは、プライマーとサーフェイサーという本来は別のものが、
一緒になったっていう優れもの!名前そのままだけど・・・
ちなみにプライマーは、傷や凹凸をなくして綺麗にしてくれて、
サーフェイサーってのは、塗料の接着性を高めてくれるみたいです。
つまりですね、プラサフは塗装前に欠かせないもの!
プラサフを使用すると白くなるから、塗料の発色も良くなるし◎

で、そのプラサフはっていうと、これも今回はディッピングしました。
エアブラシで吹く人も多いのかな・・・??
ディッピングの方法ですが、
「浸けて→10分程度乾かす」っていうのを、3~5回ぐらい繰り返します。
で、この時のポイントは、浸けた状態から引き上げる時、
静かに、ゆっくりとプラサフから引き上げるっていうのがコツみたいです。
で、3~5回浸けた乾燥。ここでも我慢!
完全に乾いてくれるまで、ここでも丸一日は我慢しましょう◎

で、そのプラサフにディッピングし終わった状態がコレ↓after.gif
白くなってるのが見えづらいかな・・・

これはまだヤスリで仕上げてない状態なので、
少し凹凸があるんですが、ヤスリをかけるとほんと綺麗になります。
あ、ヤスリがけはもちろん耐水ペーパーです。

と、ここまで進んだのだけど、実に丸2日以上・・・
どう考えても何本かを一度に進めた方が効率良さそうね。
次に待ってるのは一番楽しみの塗装♪
どんなカラーにしようか今の内からワクワクさんです。
スポンサーサイト
     
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ジェダイブログ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。